睡眠時無呼吸症候群の方の特徴(外見編)

睡眠時無呼吸症候群の方の特徴(外見編)

まずはダイエットや減量から睡眠時無呼吸症候群対策を始めましょう。首が太といいましたのも脂肪がつきましましたりするからですし、短方も注意です。歯並びが悪かったり、下あごが小さかったり後ろに引っ込んだりしている、いわゆる小顔の方は無呼吸に陥りやすくなっていたんです。睡眠時無呼吸症候群になってしまいやすい方には特徴がございます。また、舌の付け根が気道を塞ぐことも有るので自身の状態は良く把握しておこう。イメージでは肥満の男性がなるものだと言う風に思われがちですが、女性でもスマートな方でも睡眠時無呼吸症候群になる事は有ります。よく体型の事ばかり思い浮かびますが、自分は痩せているから睡眠時無呼吸症候群になるはずがなといった油断も大変険呑ものだ。この特徴に当てはまる+肥満体型ならばかなり危険信号です。ですけど、肥満は大きな無呼吸の原因になるんなので、肥満症の方は注意をしましょう。持ちろん上記の特徴に当てはまる、のどちんこが見えないからと言って100%睡眠時無呼吸症候群だという訳ではありません。将来的になっちゃいやすい、またはこれ以上肥満になるとなってしまう可能性が沖雲と言う事ですので気をつける必要は有ります。外見的な特徴としてその方の口元や首回りをよく見て下さい。セルフチェックポイントとしては、口を大きく開けた時にきちんと「のどちんこ」は見えていますか?もしも見えにくかったり全く見えないと言う場合は気道が窮屈と言う事が考えられます。口や首の形も一つの要因ということでどなたでも睡眠中の状態には気を付けなくてはなることはないのです。

トップへ戻る